コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良県奈良市登大路町 のぼりおおじちょう

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕登大路町(のぼりおおじちょう)


奈良県奈良市にある地名
古都奈良の文化財としてユネスコの世界遺産に登録されている興福(こうふく)寺(法相宗)(北円堂・東金堂・五重塔・木造四天王立像などは国宝、木造薬王薬上菩薩立像などは国の重要文化財に指定)、猿沢池、吉城園(よしきえん)、奈良国立博物館奈良県立美術館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

奈良県奈良市登大路町の関連キーワード興福寺旧境内重要文化財猿沢池法相宗東金堂五重塔北円堂国宝

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android