コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良県奈良市 なら〈し〉

1件 の用語解説(奈良県奈良市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕奈良〈市〉(なら〈し〉)


奈良県北部、奈良盆地の北部と笠置(かさぎ)山地南部の大和高原を占める市。
北部は京都府に接する。同県の県庁所在地で、県の行政・経済・文化の中心。2002年(平成14)4月より中核市。2005年4月、添上(そえかみ)郡月ケ瀬村と山辺郡都祁(つげ)村を編入して現在の姿となる。この合併により添上郡は消滅。710年(和銅3)の平城遷都から74年間、古代日本の首都。784年(延暦3)の長岡遷都後は「南都(なんと)」とよばれ、東大寺、興福寺、春日大社の門前に市街が形成された。寺社を中心に市や座が設けられ、商工業や芸能が発達。江戸時代は奈良奉行の支配下にあり、寺社詣でなどの観光都市となる。観光客向けの旅館・土産物店・飲食店が多く、商業・サービス業が盛ん。伝統産業に、製墨・赤膚(あかはだ)焼・奈良漆器・奈良晒(ざらし)などがある。東部では梅実の加工と大和茶の栽培が盛ん。ウメの栽培で知られる旧・月ケ瀬村地区では、国指定名勝の月瀬梅林が名高い。蔬菜・花卉(かき)栽培の近郊農業行われる
若草山春日山の西麓を占める奈良公園(国指定名勝)は、東大寺興福寺春日大社などを含む市内一の観光名所。西ノ京は薬師(やくし)寺、唐招提(とうしょうだい)寺、西大(さいだい)寺など天平(てんぴょう)期の大寺が多く、佐紀(さき)・佐保路(さほじ)に法華(ほっけ)寺、秋篠寺(あきしのでら)などがある。吐山(はやま)スズラン群落は国の天然記念物に指定。国特別史跡の平城宮跡は第一次大極殿や朱雀門が復元され、遺跡公園となっている。平城宮跡や東大寺、興福寺などを含む文化財群は、古都奈良の文化財として1998年にユネスコの世界遺産に登録された。佐紀盾列(たてなみ)古墳群には神功皇后(じんぐうこうごう)陵など大小約50の古墳が分布。1月15日の若草山の山焼き、3月の御水取りで知られる東大寺修二会(しゅにえ)、5月の興福寺薪能、10月奈良公園の鹿の角きり、年末の春日若宮おん祭など、伝統的な年中行事が多彩。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈良県奈良市の関連情報