コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良県宇陀郡曽爾村 そに〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕曽爾〈村〉(そに〈むら〉)


奈良県東部、名張(なばり)川支流の青蓮寺(しょうれんじ)川上流域の村。宇陀(うだ)郡
室生(むろう)火山群に囲まれ、国指定の天然記念物である屏風岩、兜岩および鎧岩の大断崖は、奥香落渓(おくこおちだに)と総称される景勝地。磨き丸太を産する林業と高冷地野菜栽培が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

奈良県宇陀郡曽爾村の関連キーワード奈良県宇陀郡曽爾村太良路奈良県宇陀郡曽爾村小長尾奈良県宇陀郡曽爾村伊賀見奈良県宇陀郡曽爾村塩井奈良県宇陀郡曽爾村長野奈良県宇陀郡曽爾村山粕奈良県宇陀郡曽爾村今井奈良県宇陀郡曽爾村掛奈良県宇陀郡曽爾村葛サンビレッジ曽爾天然記念物伊賀富士火山群屏風岩青蓮寺宇陀支流

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android