奈良県宇陀郡曽爾村(読み)そに〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕曽爾〈村〉(そに〈むら〉)


奈良県東部、名張(なばり)川支流の青蓮寺(しょうれんじ)川上流域の村。宇陀(うだ)郡
室生(むろう)火山群に囲まれ、国指定の天然記念物である屏風岩、兜岩および鎧岩の大断崖は、奥香落渓(おくこおちだに)と総称される景勝地。磨き丸太を産する林業と高冷地野菜栽培が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android