奈良県生駒市(読み)いこま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕生駒〈市〉(いこま〈し〉)


奈良県北西端の市。
生駒山東斜面を占める。1914年(大正3)の生駒トンネル開通により大阪と直結。また第二次世界大戦後、阪奈(はんな)道路が開通し大阪市、奈良市のベッドタウンになっている。竹製品製造が盛ん。とくに、室町時代に始まったという茶筅(ちゃせん)生産が有名。生駒山上には遊園地スカイランドいこまがある。中腹の宝山(ほうざん)寺は生駒聖天(しょうてん)として信仰を集める。高山町に奈良先端科学技術大学院大学がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈良県生駒市の関連情報