コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良県葛城市 かつらぎ〈し〉

1件 の用語解説(奈良県葛城市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕葛城〈市〉(かつらぎ〈し〉)


奈良県にある地名。
同県北西部に位置し、西部は二上(にじょう)山など金剛山地の山並みを経て大阪府に接する。2004年(平成16)10月、北葛城郡の新庄町と當麻町が合併して成立。旧・新庄町は江戸時代は陣屋町。旧・當麻町は古代から竹内(たけのうち)街道が通じる要地で、古刹当麻寺(たいまでら)(国宝の当麻曼荼羅厨子、綴織当麻曼荼羅を所蔵)がある。稲作・酪農と野菜、キクやスイセンなどの花卉(かき)栽培が盛ん。家庭配置薬の伝統を引き継ぐ製薬業のほか、電機・紙・プラスチック加工などの工業がある。地場産業の靴下製造も盛ん。屋敷山(やしきやま)古墳・二塚(ふたづか)古墳はいずれも国の史跡に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良県葛城市の関連キーワード清洲庄内我孫子椎葉白井那須王寺[町]香芝[市]三宅[町]山添[村]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈良県葛城市の関連情報