コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良県葛城市 かつらぎ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕葛城〈市〉(かつらぎ〈し〉)


奈良県にある地名。
同県北西部に位置し、西部は二上(にじょう)山など金剛山地の山並みを経て大阪府に接する。2004年(平成16)10月、北葛城郡の新庄町と當麻町が合併して成立。旧・新庄町は江戸時代は陣屋町。旧・當麻町は古代から竹内(たけのうち)街道が通じる要地で、古刹当麻寺(たいまでら)(国宝の当麻曼荼羅厨子、綴織当麻曼荼羅を所蔵)がある。稲作・酪農と野菜、キクやスイセンなどの花卉(かき)栽培が盛ん。家庭配置薬の伝統を引き継ぐ製薬業のほか、電機・紙・プラスチック加工などの工業がある。地場産業の靴下製造も盛ん。屋敷山(やしきやま)古墳・二塚(ふたづか)古墳はいずれも国の史跡に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈良県葛城市の関連情報