コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良県葛城市 かつらぎ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕葛城〈市〉(かつらぎ〈し〉)


奈良県にある地名。
同県北西部に位置し、西部は二上(にじょう)山など金剛山地の山並みを経て大阪府に接する。2004年(平成16)10月、北葛城郡の新庄町と當麻町が合併して成立。旧・新庄町は江戸時代は陣屋町。旧・當麻町は古代から竹内(たけのうち)街道が通じる要地で、古刹当麻寺(たいまでら)(国宝の当麻曼荼羅厨子、綴織当麻曼荼羅を所蔵)がある。稲作・酪農と野菜、キクやスイセンなどの花卉(かき)栽培が盛ん。家庭配置薬の伝統を引き継ぐ製薬業のほか、電機・紙・プラスチック加工などの工業がある。地場産業の靴下製造も盛ん。屋敷山(やしきやま)古墳・二塚(ふたづか)古墳はいずれも国の史跡に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

奈良県葛城市の関連キーワード奈良県葛城市北道穂穗奈良県葛城市辨之庄奈良県葛城市南道穂奈良県葛城市南今市ふたかみパーク當麻奈良県葛城市北花内奈良県葛城市今在家奈良県葛城市新在家奈良県葛城市南藤井奈良県葛城市南新町奈良県葛城市南花内奈良県葛城市木戸奈良県葛城市大畑奈良県葛城市勝根奈良県葛城市葛木奈良県葛城市柿本奈良県葛城市加守奈良県葛城市染野奈良県葛城市竹内奈良県葛城市寺口

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈良県葛城市の関連情報