コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奉公構ひ ほうこうかまい

大辞林 第三版の解説

ほうこうかまい【奉公構ひ】

江戸時代、奉公をさしとめ家禄を召し上げられる刑。武士にとっては切腹に次ぐ重刑であった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

奉公構ひの関連キーワード江戸時代切腹武士奉公重刑家禄

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android