奉安庫・奉安殿

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

奉安庫・奉安殿

戦前の学校などに設けられた御真影や教育勅語の保管施設。校舎内に設けたものを奉安庫、独立した建物になったものを奉安殿と呼んだ。学校への御真影の下賜は明治時代に始まり、1920年代ごろから耐火式の施設が盛んに建設された。 多くは敗戦後に撤去されたが、研究者がまとめた「現存奉安殿調査」(2010年)によると、全国に数百件の遺構が残っているという。

(2017-08-19 朝日新聞 朝刊 東兵・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android