コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥武山公園 おうのやまこうえん

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕奥武山公園(おうのやまこうえん)


沖縄県那覇(なは)市南部の運動公園。1901年(明治34)、皇太子(のちの大正天皇)ご成婚を記念して奥武山記念運動場の名で開設された。正式名称は奥武山総合運動公園。陸上競技場・総合体育館・テニスコートなどがあり、各種スポーツ大会や県民の健康・体力づくりに利用される。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥武山公園の関連情報