コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥武山公園 おうのやまこうえん

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕奥武山公園(おうのやまこうえん)


沖縄県那覇(なは)市南部の運動公園。1901年(明治34)、皇太子(のちの大正天皇)ご成婚を記念して奥武山記念運動場の名で開設された。正式名称は奥武山総合運動公園。陸上競技場・総合体育館・テニスコートなどがあり、各種スポーツ大会や県民の健康・体力づくりに利用される。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥武山公園の関連情報