コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥田穎川・奥田頴川 おくだえいせん

大辞林 第三版の解説

おくだえいせん【奥田穎川・奥田頴川】

1753~1811) 江戸中・後期の陶工。京都の人。別号、陸方山。中国風の意匠を取り入れた色絵磁器を創始、京焼復興の祖となった。門人に青木木米・仁阿弥道八など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

奥田穎川・奥田頴川の関連キーワード仁阿弥道八色絵磁器青木木米門人別号陶工

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android