コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥矢作湖 おくやはぎこ

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県(愛知県)〕奥矢作湖(おくやはぎこ)


岐阜・愛知県境、矢作川上流部の矢作第1ダムによってできた人造湖。矢作第1ダムは、1971年(昭和46)完成の、洪水調節と矢作川流域・岡崎(おかざき)平野の灌漑(かんがい)・上水道・工業用水・発電などに利用されるダムで、アーチ式ダム(堤高100m、堤長323.1m、面積2.7km2、総貯水容量8000万m3)。南東約6kmの上流にある黒田(くろだ)ダムとその中間の富永(とみなが)ダムをむすんで2段式揚水発電ダムとなっている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

奥矢作湖の関連キーワード愛知県豊田市小渡温泉上水道

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android