コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥龍 おうりゅう

美術人名辞典の解説

奥龍

僧。字は玄楼、通称狼玄楼、号は蓮蔵海。山城宇治興聖住。9才で出家し、19才で江戸に出て後諸国を遍歴する。至るところで名僧に就き学んだ。諸寺で首版となる。歌集に『通用桑偈』がある。文化10年(1813)、94才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥龍の関連情報