コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女子大の歴史

1件 の用語解説(女子大の歴史の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

女子大の歴史

戦前は女性への大学の門戸はほぼ閉ざされており、女子高等教育女子英学塾などの専門学校が主に担った。多くは戦後の学制改革で大学に昇格した。国立の2女子大の前身は女子高等師範学校。現在、女子大があるのは米国や日本、韓国のほかイスラム圏の数カ国。創価大の坂本辰朗教授(比較教育学)によると、米国でも女子大の淘汰(とうた)が進み、60年の176校から現在は五十数校に減った。

(2008-09-15 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女子大の歴史の関連キーワードフェロー小笹クローズド冱寒大学ノート閉所町木戸門戸糊口Bookstore

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone