コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女形・女方・御山 おやま

大辞林 第三版の解説

おやま【女形・女方・御山】

〔江戸初期に小山次郎三郎が使った遊女の人形から出た語という。→おやま人形
歌舞伎で女役を演ずる男性の役者。また操り人形で、女役の人形。おんながた。
(上方で)遊女のこと。 「あの上手な絵書殿によい-を十人程書いてもらひ/浄瑠璃・反魂香」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報