女敵・妻敵(読み)めがたき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 自分の妻と密通した男。姦夫。
※看聞御記‐応永三一年(1424)一二月八日「理観去六日夜於門前被殺害了。誰人所為とも不知。号妻敵云云」
※俳諧・望一後千句(1652)七「幽霊のあらはれ出る塚の陰 めかたきをうつ声たしかなる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android