コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴・臣 やつこ

1件 の用語解説(奴・臣の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

やつこ【奴・臣】

〔「家つ子」の意〕
( 名 )
古代の賤民のうち、もっとも下級の奴隷。また、身分の卑しい者。 「住吉の小田を刈らす児-かもなき-あれど妹がみためと私田刈る/万葉集 1275
家来。下僕。 「其の家に一人の-あり/今昔 2
ある物事に執着して心身の自由を奪われることをたとえていう。とりこ。 「ますらをの聡き心も今はなし恋の-に我あれは死ぬべし/万葉集 2907
人や物をののしっていう語。やつ。 「面忘れだにもえすやと手握りて打てども懲りず恋といふ-/万葉集 2574
( 代 )
一人称。自分をへりくだっていう語。やつがれ。 「対へて曰さく、-は是国神なり/日本書紀 神武訓

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone