奸心・姦心(読み)かんしん

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐しん【奸心・姦心】

〘名〙 ねじけた。よこしまな心。邪心
※伝教大師消息(824‐831頃)「莫疑用奸心盗写取御書慢心」 〔荀子‐非十二子〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android