奸物・姦物(読み)かんぶつ

大辞林 第三版の解説

かんぶつ【奸物・姦物】

悪知恵にたけた人。腹黒い人。 「人が何か云ふと、ちやんと逃道を拵らへて待つてるんだから、余つ程-だ/坊っちゃん 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android