コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如し・若し ごとし

大辞林 第三版の解説

ごとし【如し・若し】

( 助動 ) ( (ごとく) ・ごとく ・ごとし ・ごとき ・○ ・○ )
活用語の連体形や体言、また、それらに助詞「が」「の」の付いたものに接続する。
似ているものに比べたとえる意を表す。…のようだ。…のとおりだ。 「涙、雨の脚のごとくこぼる/宇津保 吹上・下」 「おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし/平家 1
同類中の一例として提示する意を表す。…のような。 「黒き革籠三合を置けり。すなはち和歌・管絃・往生要集ごときの抄物を入れたり/方丈記」
はっきりと断定しないで、婉曲・不確実にいうのに用いられる。…ようだ。…ようである。 「松島は笑ふがごとく、象潟はうらむがごとし/奥の細道」 〔 (1) 語源は「同じ」の意を表す「こと」を形容詞的に活用させたもの。 (2) 中古には、漢文訓読文系列の文章に多く用いられ、和文に多く用いられる「やうなり」と対照的な特色を示した。なお、中古の和文でも、男性の書いたものには「ごとし」も用いられた。 (3) 上代・中古には、語幹「ごと」が連用形「ごとく」と同じように用いられることがある。→ごと(如)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android