妖兆(読み)ようちょう

大辞林 第三版の解説

ようちょう【妖兆】

あやしい前兆。不思議なきざし。 「よしや不思議の-に、迷ひて危疑の心ありとも/自由太刀余波鋭鋒 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる