妖怪・祅怪(読み)ようかい

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐かい エウクヮイ【妖怪・祅怪】

〘名〙
① 人の知恵では理解できない不思議な現象や、ばけもの。変化(へんげ)。ようけ。妖鬼。
※続日本紀‐宝亀八年(777)三月辛未「大祓。為宮中頻有妖恠也」
※太平記(14C後)五「相模入道懸かる妖怪(ヨウクヮイ)にも驚ろかず」 〔荀子‐天論〕
② (形動) あやしい感じのすること。わざわいを招きそうな不吉なさま。ようけ。
※玉塵抄(1563)三二「高祖は雅意にようくゎいなほどに臣下を口わるに罵るると云てはらだったぞ」
③ わざわいと危険。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android