妖艷(読み)ようえん

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐えん エウ‥【妖艷・妖婉ヱン

〘名〙 (形動ナリ・タリ)
① あやしいほどに美しいこと。なまめかしくあでやかなさま。また、そうした女性。
※凌雲集(814)九月九日侍宴神泉苑各賦一物、得秋蓮応製〈良岑安世〉「妖佳人望已断。為因聖主水亭傍」
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「あの妖艷な女性はまがふ方なく自分なのだらうか」 〔王勃‐春思賦〕
② 歌論で、上品な美しさ。優雅で、しかもあでやかさのある美しさ。恋愛的情緒に関していわれることが多い。
※長承三年中宮亮顕輔歌合(1134)恋四番判詞「左歌、詞渉妖艷、冨風流
※近代秀歌(1209)「むかし、貫之、歌の心たくみに、たけ及びがたく、ことばつよく姿おもしろきさまをこのみて、余情妖艷の体をよまず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android