コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙法院宮尭恕入道親王

美術人名辞典の解説

妙法院宮尭恕入道親王

後水尾天皇の第十皇子。幼称照宮、諱は完敏、字を体素・逸堂と号す。天台座主に三度補され二品に叙せられる。辞して後は妙法院内の鉄龍庵に退隠し、獅子吼院と称した。詩・俳句・挿花・書画を能くし、漢詩集『逸堂集』や『僧伝排韻』等の編著がある。元禄8年(1695)薨去、56才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android