コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙法院宮真仁法親王

2件 の用語解説(妙法院宮真仁法親王の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

妙法院宮真仁法親王

妙法院門跡。閑院宮典仁親王の第十王子。のち桃園天皇の猶子となる。時宮と称した。天台座主となり、一品に叙せられる。詩歌画を能くし、入江昌喜に命じて『万葉類葉抄補闕』を作らせた。文化2年(1805)薨去、38才。

妙法院宮真仁法親王

江戸後期の妙法院門跡。幼称は時宮、諱は周翰。閑院宮典仁親王の第五子、桃園天皇の養子。尭恭法親王の資となり妙法院を相続し、天台座主、一品に叙せらる。詩書画を能くし、入江昌喜に命じて『万葉類葉抄補闕』を作らしめた。文化2年(1805)薨去、38才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妙法院宮真仁法親王の関連キーワード三崎良泉妙法院宮尭恭法親王妙法院尭然法親王妙法院宮尭仁法親王妙法院宮教仁法親王妙法院宮常胤法親王妙法院覚胤法親王隆範然法親王真仁入道親王

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone