コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙法院宮真仁法親王

美術人名辞典の解説

妙法院宮真仁法親王

妙法院門跡。閑院宮典仁親王の第十王子。のち桃園天皇の猶子となる。時宮と称した。天台座主となり、一品に叙せられる。詩歌画を能くし、入江昌喜に命じて『万葉類葉抄補闕』を作らせた。文化2年(1805)薨去、38才。

妙法院宮真仁法親王

江戸後期の妙法院門跡。幼称は時宮、諱は周翰。閑院宮典仁親王の第五子、桃園天皇の養子。尭恭法親王の資となり妙法院を相続し、天台座主、一品に叙せらる。詩書画を能くし、入江昌喜に命じて『万葉類葉抄補闕』を作らしめた。文化2年(1805)薨去、38才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

妙法院宮真仁法親王の関連キーワード小沢蘆庵上田秋成

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android