コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙法院尭然法親王

1件 の用語解説(妙法院尭然法親王の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

妙法院尭然法親王

江戸前期の妙法院門跡。後陽成天皇の第六皇子。母は典侍持明院基子。名は常嘉、幼称は六宮。常胤法親王の資となり妙法院に入室、得度後堯然と号する。潅頂を受け、三度台座主となる。書を能くし、絵は狩野風の山水画を、また立花・香道も好み、茶道は片桐石州に石州流の奥義を授けられた。寛文元年(1661)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妙法院尭然法親王の関連キーワード昭高院道周法親王聖護院宮道晃法親王知恩院宮良純法親王妙法院宮尭恭法親王妙法院宮尭仁法親王妙法院宮教仁法親王妙法院宮常胤法親王妙法院覚胤法親王妙法院宮真仁法親王然法親王

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone