コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙高[村] みょうこう

1件 の用語解説(妙高[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みょうこう【妙高[村]】

新潟県南部,中頸城(なかくびき)郡の村。人口5497(1995)。妙高山の北東麓を占め,東は斑尾(まだらお)山を境に長野県に接し,村の中央を関川が流れる。中心集落の関山は近世に信濃に通じる北国街道の宿場町として発達した。妙高山中腹には妙高高原温泉郷の中で最も古い関温泉燕(つばめ)温泉があり,明治初期から温泉街が形成された。大正初期に開かれた関温泉スキー場は日本最古のスキー場の一つである。妙高山東麓の五万戸林,大洞原には第2次大戦後,引揚者の開拓村が開設されたが成功せず,現在は自衛隊の演習地,スキー場などになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone