妹が目を(読み)いもがめを

大辞林 第三版の解説

いもがめを【妹が目を】

( 枕詞 )
妹の目をはじめて見る意から、地名「始見はつみ」にかかる。 「 -始見の崎の秋萩は/万葉集 1560」 〔原文「始見」を「跡見とみ」の誤りとし、妹の姿を早く見ようの意でかかるとする説もある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妹が目をの関連情報