コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妹尾アキ夫 せのお アキお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妹尾アキ夫 せのお-アキお

1892-1962 大正-昭和時代の翻訳家,小説家。
明治25年3月4日生まれ。大正11年以来雑誌「新青年」にフリーマン,オーモニア,ミルン,クイーンらの推理小説を翻訳,紹介。また「凍るアラベスク」「深夜の音楽葬」などの怪奇幻想小説をかいた。昭和37年4月19日死去。70歳。岡山県出身。早大卒。本名は韶夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

妹尾アキ夫の関連キーワード昭和時代小説家

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android