コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妻沼〈町〉(読み)めぬま〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕妻沼〈町〉(めぬま〈まち〉)


埼玉県北部、利根川沿いに存在した町。大里(おおさと)郡。
江戸時代には利根川の渡船場、水運の河岸場として発展。妻沼ネギの産地としても知られる。2005年(平成17)10月、合併により廃止。⇒熊谷市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android