コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

始める・創める はじめる

大辞林 第三版の解説

はじめる【始める・創める】

( 動下一 ) [文] マ下二 はじ・む
新たに物事を行うようになる。
今まで行われなかった物事を、新たに行う。 「健康のために水泳を-・める」 「同人誌を-・める」 「今日を-・めて万代に見む/万葉集 1530
(「創める」とも書く)特に事業などを新しくおこす。 「商売を-・める」 「友人と小さな会社を-・める」
(いつも行われている物事に)新たにとりかかる。 「九時に仕事を-・める」 「開店の準備を-・める」
いつもの癖や振る舞いを行い出す。 「また例のほら話を-・めた」
動詞の連用形に付いて、その動作が行われ出す意を表す。…し出す。 「電車が動き-・める」 「雨が降り-・める」 〔「始まる」に対する他動詞〕
[慣用] かいより始めよ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報