姫島(村)(読み)ひめしま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姫島(村)
ひめしま

大分県北東部、国東半島(くにさきはんとう)の北方5キロメートルにある1島1村の村。東国東郡に属する。カレイ、タイ、タコ、フグ、スズキ、貝、ノリなどの沿岸漁業を主とし、女性は畑作、牛・豚の飼育に従っていたが、タイラギ(タイラガイ)の潜水漁業の盛業で共働きが多くなった。塩田跡のクルマエビ養殖も盛ん。美しい海と新鮮な魚貝を求めて訪れる観光客が多い。毎年8月14日~16日の盆踊りには島は興奮のるつぼと化する。面積6.98平方キロメートル、人口1991(2015)。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android