姫島(村)(読み)ひめしま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姫島(村)
ひめしま

大分県北東部、国東(くにさき)半島の北方5キロメートルにある1島1村の村。東国東郡に属する。タイ、タコ、フグ、スズキ、貝、ノリなどの沿岸漁業を主とし、女性は畑作、牛・豚の飼育に従っていたが、近年タイラギ(タイラガイ)の潜水漁業の盛業で共働きが多くなった。塩田跡のクルマエビ養殖も盛ん。美しい海と新鮮な魚貝を求めて訪れる観光客が多い。毎年8月14日、15日の盆踊りには島は興奮のるつぼと化する。面積6.87平方キロメートル、人口2189(2010)。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android