コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姿置き(5S用語) すがたおき

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

姿置き(5S用語)

5Sの整頓の方法の1つで、工具類や文具などの置き場に、置くものの形状(姿)を表示する方法。平面の置き場に線を引くだけでなく、その姿の彫り込みを作って物がズレないようにする方法もある。 置き場所に対象物の姿を表示するには、その場所に置ける量までモノを減らす必要がある。また、いったん姿を表示するとやり直しが面倒なので、あらかじめその場所に必要なものを明確に定義しておくことになり、整理が厳格になる。 姿置きにより、対象物以外が置かれず、誰でも正しく置くことができ、さらには対象物が持ち出されているとひと目でわかるという効果がある。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android