コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姿置き(5S用語) すがたおき

1件 の用語解説(姿置き(5S用語)の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

姿置き(5S用語)

5Sの整頓の方法の1つで、工具類や文具などの置き場に、置くものの形状(姿)を表示する方法。平面の置き場に線を引くだけでなく、その姿の彫り込みを作って物がズレないようにする方法もある。 置き場所に対象物の姿を表示するには、その場所に置ける量までモノを減らす必要がある。また、いったん姿を表示するとやり直しが面倒なので、あらかじめその場所に必要なものを明確に定義しておくことになり、整理が厳格になる。 姿置きにより、対象物以外が置かれず、誰でも正しく置くことができ、さらには対象物が持ち出されているとひと目でわかるという効果がある。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

姿置き(5S用語)の関連キーワード工具工具鋼一対表示(5S用語)整頓(5S用語)整理(5S用語)港則治術文具三点試験法曝気酸化池法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone