コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

娑羅双樹・沙羅双樹 さらそうじゅ

大辞林 第三版の解説

さらそうじゅ【娑羅双樹・沙羅双樹】

〔「しゃらそうじゅ」とも〕 インド、クシナガラ城外、娑羅の林の中、釈迦の病床の四方に二本ずつ相対して生えていたという娑羅の木。釈迦が入滅した時、鶴のように白く枯れ変じたという。沙羅。娑羅樹。 → 鶴林かくりん
フタバガキ科の常緑高木。インド原産。高さ30メートルに達する。葉は長円形。花は淡黄色で小さく、大形の円錐花序につく。材は堅く建材などとし、樹脂はワニスの原料、果実は食用。シャラソウジュ。シャラノキ。
ツバキ科のナツツバキの通称。シャラノキ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

娑羅双樹・沙羅双樹の関連キーワードフタバガキ科ナツツバキシャラノキ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android