娘化(ニアンホワ)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

娘化(ニアンホワ)

人物や物などを「女性化」「萌え化」した作品を指す中国のネット用語。イラスト集「乙女絵巻水滸伝」や、孫子の兵法の訳本「萌訳孫子ちゃんの兵没、「三国志」がテーマの「恋姫無双」など中国古典を「娘化」した日本の作品が、中国で話題に。百元さんによると、江戸時代には曲亭馬琴の「傾城水滸伝」があり、歴史あるジャンル。

(2011-06-09 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android