コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婉(2) えん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

婉(2) えん

大原富枝の小説「婉という女」の主人公。
土佐藩執政の父野中兼山が失脚し,4歳の時から40年間幽閉生活をおくる。赦免後藩の儒官谷秦山(じんざん)にであい,互いにひかれるが,秦山は政変にまきこまれ,蟄居(ちっきょ)後没し,婉は孤独の中で秦山の思い出に生きる。昭和35年「群像」に掲載。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

婉(2)の関連キーワード大原富枝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android