コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婉(2) えん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

婉(2) えん

大原富枝の小説「婉という女」の主人公
土佐藩執政の父野中兼山が失脚し,4歳の時から40年間幽閉生活をおくる。赦免後藩の儒官谷秦山(じんざん)にであい,互いにひかれるが,秦山は政変にまきこまれ,蟄居(ちっきょ)後没し,婉は孤独の中で秦山の思い出に生きる。昭和35年「群像」に掲載。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone