コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婚外子と相続差別

1件 の用語解説(婚外子と相続差別の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

婚外子と相続差別

婚外子は、法律上の婚姻関係にない男女間に生まれた子のこと。結婚した夫婦から生まれた婚内子を法律上「嫡出(ちゃくしゅつ)子」と呼ぶのに対し、「非嫡出子」とも呼ばれる。婚姻届を出さない事実婚カップルの子や、婚約中に妊娠したものの結婚には至らずに出産した女性の子など様々なケースがある。民法900条4号はただし書きで、「非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1」と規定。婚外子に対する「差別の象徴」として批判されてきた。親が遺言を残している場合は、遺言の内容が優先され、別の割合での相続も可能になる。

(2013-09-02 朝日新聞 朝刊 東特集A)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

婚外子と相続差別の関連キーワード私生子重婚集団婚嫡出子嫡出でない子非嫡出子婚外子婚姻適齢私生実子

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone