コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婚外子の相続差別

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

婚外子の相続差別

婚外子は、法律上の婚姻関係にない男女間に生まれた子(非嫡出〈ひちゃくしゅつ〉子)で、結婚した夫婦から生まれた子は婚内子(嫡出子)。民法900条4号はただし書きで「非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1」と定める。明治時代から戦後に引き継がれた規定だが、「出生による差別だ」との批判が絶えない。欧米諸国に加え、韓国や中国でも相続差別の解消は進んでいる。日本は対応が遅れ、法務省によると1995年7月の最高裁の合憲判断以降、国連の委員会から差別解消を求める勧告が計10回出されている。

(2013-07-11 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

婚外子の相続差別の関連キーワード婚外子

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

婚外子の相続差別の関連情報