嬲者・嬲物(読み)なぶりもの

精選版 日本国語大辞典「嬲者・嬲物」の解説

なぶり‐もの【嬲者・嬲物】

〙 もてあそばれるもの、または人。なぶる対象になるもの。なぐさみもの。
サントスの御作業(1591)二「カロシメ、アナドリ、naburimononi(ナブリモノニ) イタシテ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android