コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもと家族を守る家づくり事業

1件 の用語解説(子どもと家族を守る家づくり事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

子どもと家族を守る家づくり事業

里親や保育士、保健師の資格を持つ人を対象に研修をし、「守る家」として登録。母親から相談を受けた市町が、登録家庭に子どもの預かりを依頼する仕組み。親の病気や貧困、育児疲れなどで一時的に子育てが困難になった場合が対象で、期間は最長1週間。保育所が担う短時間の「一時預かり」とは異なる「宿泊型」サービスと位置づけられる。県によると、新年度にショートステイ事業をする県内8市町のうち甲賀市、東近江市、日野町が同事業に参加の意向を示している。

(2011-03-01 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone