コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの村

1件 の用語解説(子どもの村の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

子どもの村

1949年にオーストリア戦災孤児のためにつくられたのが始まり。現在、同国に本部を置く国際NGOSOSキンダードルフ」が132カ国の400を超える地域で村を運営している。日本では福岡市内の会社経営者らが呼びかけ、06年にNPO法人子どもの村福岡」(理事長=満留昭久・福岡大名誉教授)が発足。07年には地元企業を中心に後援会も出来た。現在の会員は約250の企業・団体と約1千人の個人。村の建設費2億2千万円と年間運営費4千万円は後援会員からの寄付金などで賄う。

(2009-10-09 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子どもの村の関連キーワードオーストラリア区オーストリア学派オーストリア併合オーストリアハンガリー帝国戦災孤児オーストラリア亜区オーストラリアンバロットオーストリー石綿さたよ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

子どもの村の関連情報