コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもオンブズパーソン(オンブズ)

1件 の用語解説(子どもオンブズパーソン(オンブズ)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

子どもオンブズパーソン(オンブズ)

子どもの権利を守るため、1981年にノルウェーで生まれた。日本では国連の「子どもの権利条約」の批准が追い風になり、99年、兵庫県川西市が「子どもの人権オンブズパーソン」を設置するなど、約20の自治体が設けている。教育や福祉の研究者、弁護士らが「オンブズパーソン」「擁護委員」「救済委員」に任命され、相談を受けて助言。関係機関や相手方と「調整」する。「救済申し立て」があった場合は、条例に基づいて「調査」、深刻な場合は「勧告」などをする。

(2012-12-26 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子どもオンブズパーソン(オンブズ)の関連キーワード子どもの権利条約独立宣言操を守る跡を守る世界の子どもの日国連子どもの権利条約(国連児童の権利条約)札幌市子どもの権利条例の素案浜松市子ども育成条例国連子どもの権利条約児童の権利に関する条約

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone