コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子ども手当・高校無償化

1件 の用語解説(子ども手当・高校無償化の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

子ども手当・高校無償化

民主党が昨年の総選挙の公約で掲げた。中学卒業までの子ども1人当たり月額2万6千円を支給。2010年度は半額の1万3千円が支払われる。所得制限はない。同党は参院選公約で、今後は「1万3千円から上積み」などと修正した。4月から公立高校では年約12万円の授業料を徴収せず、私立高は所得に応じて約12~24万円を助成。一方で、無償化の財源確保のため、16~18歳の家族に対する税の「特定扶養控除」が減らされる。

(2010-06-27 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子ども手当・高校無償化の関連キーワード新自由クラブゴルカル日本民主党国政選挙イタリアの政党連合下院選出先機関の廃止方針ミャンマーの軍事政権民主党の財源論高速道路の休日上限1千円制度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone