コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子嚢・子囊 しのう

大辞林 第三版の解説

しのう【子嚢・子囊】

子囊菌類の有性生殖によって生ずる器官。微小な棍棒状で通常八個の胞子を内生し、多数密生する。
コケ植物の苔たい類の胞子囊。蘚せん類の場合には蒴さくという。
刺胞動物ヒドロ虫類の生殖体の一。クラゲの形態まで発達してポリプに付着しているものから、単に卵細胞や精細胞を入れた囊状のものまで種々の形態のものがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

子嚢・子囊の関連キーワード子囊菌類有性生殖クラゲポリプ卵細胞胞子形態

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android