コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮頸がんと細菌性髄膜炎

1件 の用語解説(子宮頸がんと細菌性髄膜炎の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

子宮頸がんと細菌性髄膜炎

子宮頸部に発生するがんで、発症すると子宮などを摘出しなければならないこともある。ワクチン接種は2009年12月から一般医療機関でできるようになった。ワクチンに含まれるウイルスには遺伝子がないため、接種で感染することはない。細菌性髄膜炎は、ほとんどがインフルエンザ菌b型肺炎球菌で起きる。発熱、嘔吐(おうと)などの病状があり、新生児の発病の場合、適切な治療でも約30%が死亡するという。ワクチンは2007年1月に承認された。

(2010-09-10 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子宮頸がんと細菌性髄膜炎の関連キーワード子宮口子宮癌子宮がんがん集団検診子宮体癌子宮頸管子宮頸癌子宮頸部子宮体部子宮内膜がん

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone