コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮頸がんと細菌性髄膜炎

1件 の用語解説(子宮頸がんと細菌性髄膜炎の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

子宮頸がんと細菌性髄膜炎

子宮頸部に発生するがんで、発症すると子宮などを摘出しなければならないこともある。ワクチン接種は2009年12月から一般医療機関でできるようになった。ワクチンに含まれるウイルスには遺伝子がないため、接種で感染することはない。細菌性髄膜炎は、ほとんどがインフルエンザ菌b型肺炎球菌で起きる。発熱、嘔吐(おうと)などの病状があり、新生児の発病の場合、適切な治療でも約30%が死亡するという。ワクチンは2007年1月に承認された。

(2010-09-10 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone