コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮頸がんの予防

1件 の用語解説(子宮頸がんの予防の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

子宮頸がんの予防

有効とされるのは、ワクチンと検診だ。発症を防ぐ効果があるとされるワクチンは2009年に国内で初めて承認され、現在は2種類。来年3月まで、中学1年生から高校1年生までの女性が原則、公費助成によりワクチン接種(半年かけて3回接種が望ましい)ができる。助成対象外の人も接種は出来るが、1回1万数千円の実費がかかる。子宮頸がん検診は、国が20歳以上の女性に、2年に1度の受診を勧めている。問診や視診、子宮頸部の細胞診や内診が検査項目としてある。

(2012-09-19 朝日新聞 朝刊 2道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子宮頸がんの予防の関連キーワードソークワクチン生ワクチン丸山ワクチンDNAワクチン死菌ワクチン多価ワクチン三種混合ワクチンセービンワクチンワクチンソフト

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

子宮頸がんの予防の関連情報