コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮頸がんの予防

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

子宮頸がんの予防

有効とされるのは、ワクチンと検診だ。発症を防ぐ効果があるとされるワクチンは2009年に国内で初めて承認され、現在は2種類。来年3月まで、中学1年生から高校1年生までの女性が原則、公費助成によりワクチン接種(半年かけて3回接種が望ましい)ができる。助成対象外の人も接種は出来るが、1回1万数千円の実費がかかる。子宮頸がん検診は、国が20歳以上の女性に、2年に1度の受診を勧めている。問診や視診子宮頸部細胞診や内診が検査項目としてある。

(2012-09-19 朝日新聞 朝刊 2道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

子宮頸がんの予防の関連キーワード子宮頸がんとワクチン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子宮頸がんの予防の関連情報