子忌・小忌(読み)こいみ

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐いみ【子忌・小忌】

〘名〙 (「小忌」はあて字) 初生児には産の穢(けが)れがあるとして忌み慎むこと。また、その期間。生後百日目または百二十日目に子から穢れが抜けるとされ、この日に箸初(はしぞめ)の祝いをするのが通例。
※浮世草子・小児養育気質(1773)三「名を巻次郎と付け、小忌(コイミ)明ると本家へ引取」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報