コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季節唄 きせつうた

大辞林 第三版の解説

きせつうた【季節唄】

春は春唄、夏は夏唄というように、その季節にだけ唄われた民謡。神をまつるときや農作業をするときにその季節の風物を唄うことで神に豊作を祈願したもので、日本民謡の原点と考えられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

季節唄の関連キーワード日本民謡農作業原点季節風物豊作

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android