コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季節唄 きせつうた

大辞林 第三版の解説

きせつうた【季節唄】

春は春唄、夏は夏唄というように、その季節にだけ唄われた民謡。神をまつるときや農作業をするときにその季節の風物を唄うことで神に豊作を祈願したもので、日本民謡の原点と考えられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

季節唄の関連キーワード日本民謡農作業原点季節風物豊作

季節唄の関連情報