コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学力向上拠点形成事業

1件 の用語解説(学力向上拠点形成事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

学力向上拠点形成事業

文部科学省の委嘱事業。高校では、習熟度別指導や教材開発、大学・中学校などとの連携や具体的な到達目標の設定など実践的な教育を通じて、「確かな学力」向上を目指す。期間は06〜08年度の3年間で、全国で119校が指定された。研究にかかわる情報やノウハウを地域で共有することなどが求められている。

(2008-01-17 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学力向上拠点形成事業の関連キーワード教育白書文部科学省文科省習熟度別学習習熟度別授業文教の府文部科学大臣文部科学白書文部科学省のいじめの定義若手研究者育成事業

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone