コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学婢 がくひ

大辞林 第三版の解説

がくひ【学婢】

教師の家や学校などで小間使いなどをして働きながら勉強に勤しむ女性。苦学する女子学生。 「岸田俊子女史の名を聞きて、一度その家の-たりしかど/妾の半生涯 英子

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

学婢の関連キーワード小間使い

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android