コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学校の被曝線量の目安

1件 の用語解説(学校の被曝線量の目安の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

学校の被曝線量の目安

児童・生徒の被曝線量は年間1~20ミリシーベルトを目安とする。屋外活動を制限する目安は毎時3.8マイクロシーベルト。1年間毎日8時間校庭に立ち、残りを木造家屋で過ごした場合20ミリシーベルトになる想定。千葉県野田市は年間1ミリシーベルト、毎時0.19マイクロシーベルトを基準とした。

(2011-07-10 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学校の被曝線量の目安の関連キーワード許容線量最大許容線量ラドン線量当量線量計放射線の線量限度と医療で使う放射線量局所被曝局所被曝(ひばく)国際放射線防護委員会(ICRP)勧告と健康影響放射線業務従事者の被曝管理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone