コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学校法人北海道シュタイナー学園

1件 の用語解説(学校法人北海道シュタイナー学園の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

学校法人北海道シュタイナー学園

伊達市でシュタイナースクール「いずみの学校」を運営していたNPO法人の関係者らが発起人会を設け、3月26日に道知事から学校法人設立と初・中等部設置が認可された。オーストリア出身の哲学者ルドルフ・シュタイナー(1861〜1925)が提唱した理念に基づき、芸術・自然体験を重視した教育の実践を掲げる。現在は1学年平均で7人程度だが、今後は1学年14人を目指す。授業料は設備費を含め月額4万5千円。今月20日に開校式典と初等部の入学式を開く。

(2008-04-07 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学校法人北海道シュタイナー学園の関連キーワード伊達市ハロースクールランドシュタイナークーフシュタインシュタイナー教育ナーサリースクールラグビースクールシュタイナーの定理

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone